準拠集団の重要性

ABOUTこの記事をかいた人

宮崎出身ナナロク世代の社会革命家。組織に依存せずに魅力的に活躍できる個人を増やすため、@SOHO海外ノマド倶楽部スーパーエンジニア養成講座平城式Facebook成幸村などの活動を展開中。

こんにちは、成幸ナビゲーターの平城です。

私は、『準拠集団』というものを大切にしています。
その理由を簡単に説明すると、

・前向きな人の集まりの中にいれば
自分も前向きになる

・後ろ向きな人の集まりの中にいれば
自分も後ろ向きになる

という現象が起きるからです。
私は通算で4年半、会社員を経験しましたが、
その間は極力、会社以外の時間は会社の人と
過ごさないようにしていました。

その理由は、私はいずれ独立起業して成功してやるんだ、
と心に誓っていたからです。

会社の人と一緒にいる時間が長くなればなるほど、
自分の目標から遠のいていく気がしたからです。

20代はいろいろと紆余曲折しましたが、
29歳で2度目の独立を果たし、
今年で11年目に入ります。

2011年頃からソーシャル・ネットワークの時代に入り、
私も幾つかのコミュニティーを主宰していますが、

この『コミュニティー』が実は『準拠集団』そのものなのです。

私が『コミュニティー』で大切にしていることは、

・自立していること
・相手を尊重すること
・世の中に何らかの価値提供をすること
・お金にギラギラしないこと
・時間と場所に縛られないこと

などなどです。

なので私が主宰する『コミュニティー』に
参加される方々も、同じようなものを大切にしています。
これが、『価値観』や『人生観』だと思います。

6月17日に開催する出版記念イベントも、
私が大上段に立って何かを伝えるというよりは、
普段、私に共感いただいている方々や、
今回の書籍がきっかけとなってご縁を頂いた方同士が
つながる場として考えています。

この中で、ビジネスマッチングが成立したり、
恋愛マッチングが成立したり・・・
(あっ、言ってしまった^^)

という、私が普段提唱している『成幸』
の考え方に共感されている間同士の、
様々なコラボレーションが生まれることを
狙っています。

〜準拠集団とは?Wikipediaより〜
準拠集団 (reference group) は、人の価値観、信念、態度、行動などに強い影響を与える集団を意味する、社会学、社会心理学の用語。 家族、地域、学校、職場など。 構成員に対して、「かくあるべき」との規範を科すのが特徴。 ただし、準拠集団となるのは、必ずしも当人が所属する集団とは限らない。

★イベントの詳細・お申込みはこちらから
https://www.facebook.com/events/652089308317649/

<追伸>
私のまわりには『育メンパパ』や
『育メンパパを旦那様に持つ奥様』
が多いですね。
これも準拠集団なのでしょうね〜。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です