Kさんからのメッセージ

ABOUTこの記事をかいた人

建築士として今まで「家づくり」をやってきたのは、私の一生のテーマである「場を創り出すこと」の一つだと気付いた今、人との繋がりの大切さを感じ、ネット上での発信だけでなくリアルに会える場を創る活動も展開中。

★Kさんからのメッセージ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
「こんばんは。お久しぶりです。

・ (略)

皆さんとお会いしたい。

セミナーありましたら、
ご連絡お待ちしてますね。」

と、ある夜、
以前からFacebookで
繋がりを持っていたKさんから
久しぶりにメッセージをもらったのです。




成幸村の伊藤由美子です。

このメッセージを読むと、
何だか、少し悩んでる様子…

気になって、すぐに

「どんなセミナーだったら、
参加したいのですか?」

と返信したのです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

Kさん:
「自分が変われるきっかけになるような…
変われてないから…」

伊藤:
「セミナーを直ぐにやるかは分かりませんが、
成幸村に参加します?

まず、無理に変わろうとしなくても、
今のKさんの良さがあるのでは…」

Kさん:
「これといった取り柄もないですが
大丈夫ですか?
ステージが違いすぎる方々で大丈夫かな?って」

伊藤:
「取り柄のない人っていうのは、
誰も居ないと思いますよ。

Kさんと同じように、
思っている方もいると思います。

でも、臆さなくても大丈夫です。
人それぞれですから。

自分以外の他の人は、みんな、
うまく行っていたりするように見えますが、
みんな試行錯誤しながら、やってますよ。

このKさんからのメッセージ、
今後の成幸村に
何か意味あるかもしれませんね。」

Kさん:
「ありがとうございます。
優しいあたたかい言葉。嬉しいです^_^」

伊藤:
「また意見を聞かせてもらうかもしれないので、
よろしくお願いします。」

Kさん:
「わかりました。
素直な気持ちでお答えしますね。
ありがとうございます。」

伊藤:
「こちらこそ、よろしくお願いします。」

Kさん:
「こちらこそ。ありがとうございます。
何だか少し楽になりました。
よろしくです。」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

Kさんとのメッセージのやり取りから、

「きっと、Kさんと同じように思ってる人が
成幸村にいるのでは 」と改めて思いました。

そして、

成幸村発起人の平城さんが
成幸村のオンライングループで
以前に投稿された3つのファイル

・あなたの未来を教えてください。

・あなたが本当に言いたいことを
カミングアウトしてみましょう。

・あなたが困ってることを教えてください。

の中での、
成幸村メンバーのコメントを
また見返してみたのです。

そこには、

・誰かが困ってることを
他のメンバーが、解決できるような
アドバイスやヒントを伝えている。

・その人が目指したい未来に共感したり、
応援するメッセージを送っている。

・発信したいと思うことを
カミングアウトしている 。

のです。

成幸村に参加して、

「誰かの役に立ちたい」
「自分にはこんな事が出来るかも」

という、期待感。

そして、Kさんのように
何かしら、自分1人で悩んでいたり
困っていることが

「今までのモヤモヤを、すっきりできるのかな」

という、期待感を持って、
成幸村に参加された方が
やはり、多いんだと思いました。

Kさんからのメッセージも
一つのキッカケとなり、

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
成幸村のアクティビティー
『Stege1 自分を発見する旅』 から

また気持ちを新たにして進めて行きます。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

最近、東京での成幸ストーミング会が
行われて、実際に参加された方は
とても充実された時間を過ごされたと
聞いてますが、

今度の5月20日の土曜日は名古屋駅近くで、
「成幸ストーミング会&交流会」を開催し、

そして、

5月21日の日曜日は神戸で、
「好きな本について語り合う会」
を行います。

この会も「成幸ストーミング」のような
効果があると思う、
とても充実した時間を過ごせる会
だと思います。

◉ Kさんにお伝えしたように、

「取り柄のない人っていうのは、
誰も居ないと思います。」

あなたのことを、成幸村メンバーに伝えて、
「あなたならではの持ってる素晴らしいもの」
を見つけてもらい、

他のメンバーの
「その人が持ってる素晴らしいもの」
を見つけちゃいましょう!

★「成幸村って何? 」
「成幸ストーミングって何?」と思った方。

そして、成幸村に参加したいと思った方。
詳しいことは、こちらから。

http://seikoumura.net/entry/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

建築士として今まで「家づくり」をやってきたのは、私の一生のテーマである「場を創り出すこと」の一つだと気付いた今、人との繋がりの大切さを感じ、ネット上での発信だけでなくリアルに会える場を創る活動も展開中。